防食概論:塗料・塗装

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         刷毛塗りの特徴

 刷毛塗りは,最も歴史の長い塗装方法である。刷毛塗りは,豚や馬などの天然の毛,又はナイロンなどの人造繊維を束ねた刷毛に塗料を含ませて,被塗物の表面に塗料を塗り付ける方法である。
 人手による作業で手軽なため,被塗物や場所を選ばないなど優れた特徴がある。一方で,施工では高い技能を要求され,作業効率も低いため,ローラ塗りとの併用が進んでいる。
 一般的に,刷毛塗りはローラ塗りに比較して,表面の仕上がりが良い。さらには,刷毛の弾力性を利用して塗り付けるため,塗料にせん断力が加わり,下地との密着が良く,ピンホールなどの塗膜欠陥の発生が少ないなどの特徴がある。
 従って,防食塗装では,ローラ塗りのみの作業は推奨できない。構造物塗装では,被塗面に塗料を配る(塗り付ける)作業にローラを用いたとしても,刷毛で仕上げることが求められている。

刷毛の種類

刷毛の種類


刷毛の種類(形状)と使用区分
 寸胴(ずんどう)ばけ
 主として平面部の塗装に用いられる。
 筋違(すじかい)ばけ
 主に細い部材角部の塗装に用いられる。
 ダメ込み・隅切り用はけ
 隅部など狭い個所や微小傷の補修などに適した小さい刷毛である。
 
刷毛に求められる条件(性能)
 塗料の含みが良いこと
 一回の操作で塗り拡げられる面積に影響する。この性能には,柄に植毛した毛の厚さや材質の毛細管現象の大きさが影響する。
 たわみ性が良いこと
 塗り拡げる際の作業性や仕上がりに影響する。適度な弾性とたわみ性を有し,毛の先端が細い材料の使用と植毛技術の影響を受ける。
 柄と毛元との結束が強固なこと
 塗り付け作業中に毛が抜けると,塗装面に毛が残り,塗膜欠陥の原因や外観上の不具合になる。
 毛の耐久性が良いこと
 長期間に渡り何度も使用するので,耐摩耗性に優れていることが求められる。

 ページのトップへ