防食概論:塗料・塗装

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装” ⇒

         特定部位・まくらぎ下用塗装系 S

 【適用範囲】指針 Ⅰ-解-11 ページ)
 上フランジ上面にまくらぎが直接設置される橋梁では,上フランジのまくらぎ下で,列車通過時における衝撃荷重とまくらぎの振動により早期の塗膜破壊となる。このため,その後の腐食により凹状に板厚減が進行する。
 この個所に塗装する塗料に要求される物性は,列車通過時の衝撃荷重とまくらぎの振動に耐える耐衝撃性・耐摩耗性である。
 これを満足するものとして,エポキシ樹脂,不飽和ポリエステル樹脂,及びビニルエステル樹脂に偏平状のガラスフレーク顔料を添加したまくらぎ下用塗料(ガラスフレーク塗料)が開発された。
 
 【塗装仕様】
 
 橋梁製作工場
 【 2 次素地調整】
 ブラスト処理
 除錆度: ISO Sa2 1/2 以上,表面粗さ: 10点平均粗さ 70μmRzJIS 以下
 【下塗り】
  塗料メーカーの指示による期間
 専用プライマー: 塗料メーカーの指示による。
  塗料メーカーの指示による期間
 ガラスフレーク塗料: 使用量 1200g/m2(スプレー塗り)
  ①塗装後 1日以上,7日以内
 ガラスフレーク塗料: 使用量 1200g/m2(スプレー塗り)
 【中塗り】
 なし
 【上塗り】
 なし
 
 【備考】
 偏平状のガラスフレーク顔料を添加された塗料は,高強度で耐摩耗性の良好な塗膜を形成する。使用する樹脂は適用範囲で示した 3 種類であるが,これらの樹脂と鋼素地との直接の付着性は良好ではない。そこで,専用のプライマーを塗付ける必要がある。
 プライマーの選定は,特殊な樹脂を用いているため,塗料製造会社専用のものを用いるが,一般的には厚膜型変性エポキシ樹脂系塗料かエポキシジンクリッチプライマーが用いられる。

 このページの“トップ”