防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【工業塗装】

 工業塗装(industrial finishing)とは,乗用車などの小型自動車,建築資材や家電品など,大量の製品に連続的に高効率で塗装するため,塗装ラインを設置して行う塗装方式をいう。
 塗装対象となる製品の多くは,期待耐久年が 5年から10年程度と短いため,塗装材料に期待する耐久年も10年程度までである。
 工業塗装に求められる性能は,高い美観に加えて,施工効率の高さである。この要求に応じるため,乾燥時間の短い加熱乾燥形塗料(baking finish)を用いた焼付塗装が多い。
 
【工業塗装の例】
 自動車の塗装工程の例として,マツダ(株)で実施する最新工程を下図に示す。

自動車塗装の工程例

自動車塗装の工程例
出典:マツダ(株)HP(http://www.mazda.co.jp/philosophy/tech/env/production/ecoat.html)

 自動車塗装では,商品価値である美観が最重視される。乗用車の登録抹消までの平均使用年数は12年程度である。すなわち,10年程度の防食,色・光沢の維持が求められる。
 10年程度の防食に比較して,美観の維持,すなわち直射日光に曝され,60℃以上の外板温度となる状況で,色と光沢を10年間保持することは,最高レベルの上塗り塗料と塗装技術が求められる。これを実現できる塗料・塗装技術が研究され,現在の塗装工程に至っている。
 自動車用鋼板には,10年以上の防せい性確保を目的に,亜鉛めっき鋼板,りん酸亜鉛による表面処理鋼板などが採用される。
 塗装の下塗りは,表面平滑性の付与と素地との密着性確保を目的に,電着塗装が作用されている。自動車の電着塗装では,防錆顔料を含むエポキシ‐ポリアミド系塗料を用いたカチオン電着塗装が主流である。下塗り塗装後に,170~180℃で20~25分間焼き付けられる。
 次いで,一般的には,中塗り塗料(ポリエステル‐メラミン系塗料など)を静電スプレー塗装し,焼き付けた後に,耐候性に優れる上塗り塗料(アクリル-メラミン系塗料)を2層スプレー塗装される。
 上塗り塗装の第 1層目は,着色を目的とした塗料で,ベースと呼ばれる。第 2層目には,光沢の長期保持を目的としたクリアー塗料が塗付けられる。一般的には,上塗り塗料を 2層塗付けた後に,まとめて焼き付けられる。
 中塗り塗料 1層,上塗り塗料 2層の合計3回の塗付け,2回の焼き付けを行うので,この塗装工程は3C2B(スリーコート,ツーベーク)と呼称されている。

  ページのトップへ