防食概論:防食の基礎

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 関連機関へのリンク,防食関連書籍は
    “お役立ち情報”

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食防食とは“ ⇒ “防食の基礎” ⇒

          【ライニング被膜の品質】

 有機ライニング鋼管の規格,JIS G 3443-3「水輸送用塗覆装鋼管−第3部:外面プラスチック被覆」,JIS G 3469「ポリエチレン被覆鋼管」には,品質項目として,外観,被膜厚さ,ピンホール,付着強度,及び衝撃強さを規定している。
 
 外観
目視で観察し,被覆は,原管の鋼面によく密着し,有害なきず,凹凸,異物の混入などがあってはならない。

 被覆厚さ(規定の範囲内にあること)
ポリウレタン被覆鋼管の被覆厚さ試験は,JIS K 5600-1-7「塗料一般試験方法−第1部:通則−第7節:膜厚」の方法No.10「ブラスト処理鋼板の乾燥膜厚の測定」による。
 被覆厚さ検査は,ポリウレタン被覆については被覆鋼管 1 本ごと(全数に,ポリエチレン被覆については同一製造ロットごとに被覆鋼管 2 本を抜き取って行う。

 ピンホール(検出されないこと)
 ポリエチレンのピンホール試験は,ホリデーディテクターを用い被覆面全面について行う。電圧は,接触形の場合は10~12kV,非接触形の場合は,20~40kVで行う。
 ポリウレタンのピンホール試験は,ピンホール探知器を用いて,ブラシ電極を被覆表面に当てながら移動してピンホールの有無を調べる。その場合のブラシ電極と鋼面との間に加える試験電圧は,Ⅰ形の場合は8~10kV,Ⅱ形の場合は12~15 kVとする。
 ピンホールが検出された場合は,その個所を補修する。

 付着強度(既定の値以上であること)
 付着性試験は,ポリウレタン被覆の場合は,a)により,ポリエチレン被覆の場合は,b)による。各試験は,常温で行う。
 a)付着強さ試験 JIS H 8300「亜鉛,アルミニウム及びそれらの合金溶射」の附属書A「密着性試験方法」A.2.2「引張密着強さ試験方法(A法)」による。
 b)ピール強度試験管の一端で測定する。被覆に間隔 10 mm,長さ 60 mm以上の 2本の切れ目を管軸に平行,又は直角方向に原管に達するまで入れる。その一端をはぎ起こし,20±15 ℃,50mm/min以下の速度で試験力を加え,引きはがしたときの試験力を読む。

 衝撃強さ試験(規定の値以上であること)
 被覆鋼管を V字台木,又はその他の適切な方法によって支持し,被覆面にポンチ(先端半径7.9±0.1mm)を垂直になるように設置し,その状態で別に定める条件で,おもりをポンチに落下させる。
 次いで,ピンホール探知器を用いて衝撃部の被覆貫通きずを調べる。なお,試験温度は,常温とする。

  ページトップへ