JIS K 5601_1_1

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装とは” ⇒ “塗料・塗装関連JIS一覧” ⇒

「塗料成分試験方法−第1部:通則−第1節:試験一般(条件及び方法)」
Testing methods for paint components Part 1 : General rule−Section 1 : Common test conditions for paint components

 この規格は,塗料成分試験に用いる分析方法,用具,及び操作などに関連する共通事項,試験に用いる試薬等の調整について規定している。
 ここでは,実際の分析に用いる滴定液・指示薬・緩衝液の調製法の紹介は省略し,共通事項の概要を紹介する。
 
 【JIS規格の目次】(ここでは赤字の項目を説明)
 序文,1 適用範囲,2 引用規格,3 共通事項(3.1 一般事項,3.2 安全に関する注意事項,3.3 滴定液・指示薬・緩衝液の調整)
 
 【序文】
 この規格は,国際整合化の一環として作成した日本工業規格である。この規格と対応するISO規格は現存しないが,塗料製品規格の改正に当たって必要なので,一連の規格として追加して作成したものである。
 
 【適用範囲】
 この規格は,塗料成分試験方法の共通事項について規定する。

   ページのトップ

 【一般事項】

 塗料成分の化学分析で従うべき一般事項は,次の通りとする。
 
 化学分析に共通する一般事項は,JIS K 0050「化学分析方法通則」,
 滴定液・指示薬・緩衝液の調製に共通する一般事項はJIS K 8001「試薬試験方法通則」,及び JIS K 8005「容量分析用標準物質」,
 電位差滴定方法に共通する一般事項はJIS K 0113「電位差・電流・電量・カールフィッシャー滴定方法通則」,
 ガスクロマトグラフ法に共通する一般事項はJIS K 0114「ガスクロマトグラフ分析通則」,
 吸光光度法に共通する一般事項はJIS K 0115「吸光光度分析通則」,
 赤外分光法に共通する一般事項はJIS K 0117「赤外分光分析方法通則」による。
 
 器具用具類
 用具器具類については,次に規定されるものを用いる。
 ろ紙JIS P 3801「ろ紙(化学分析用)」に規定するもの,
 分析に用いるガラス器具類は, JIS R 3503「化学分析用ガラス器具」に規定するもの,
 ガラス体積計は,JIS R 3505「ガラス製体積計」に規定するもの,
 磁器器具は,JIS R 1301「化学分析用磁器るつぼ」に規定するもの,
 加熱操作を伴う場合の器具は,JIS R 3503 のほうけい酸ガラス−1 を用いる。
 
 使用試薬及び含有率の表示  
 試薬と水
 試験に用いる試薬と水は,次のものを用いる。
 a) 試薬は,JISマーク表示のものを用いる。JIS表示許可品として指定されていない試薬は,試験に支障のないものを用いる。
 滴定液類の標定には,JIS K 8005「容量分析用標準物質」に規定する試薬を用いる。
 b) 試薬類の調製に規定する水は,JIS K 0557「用水・排水の試験に用いる水」に規定するA-2,又はA-3の水による。なお,キレート滴定法の場合は,イオン交換水を用い,それぞれの項目中で規定されている場合には,それに従う。
 試験で用いられる“二酸化炭素を含まない水”,“溶存酸素を含まない水”はJIS K 0557に規定する方法で用意する。
 
 参考
 A-2の水は,イオン交換法又は逆浸透膜法などによって精製した水を原料として用い,最終工程でイオン交換装置・精密ろ過器などの組合せによって精製したもの。
 A-3の水は,A2 の水を用い,最終工程で蒸留法によって精製したもの。
 
 含有率の表示
 溶液中の溶質の含有率は,溶液100ml中の溶質(無水物換算)の g 数を示すには,w/V%(weight/volume %)の記号を,ml 数を示すには,V/V%(volume/volume %)の記号を用いる。
 
 分析操作の表現
 試験規格の中で用いる分析操作時の表現と意味は,次の通りとする。
 “正確に量り取る”とは,質量の場合は,原則として0.1mgまではかり取る。ただし,分析値の表示けた数を考慮して必要なけたまではかり取ってもよい。体積の場合は,全量ピペット,メスピペット又はビュレットを用いて量り取る。
 “恒量になるまで加熱する”とは,引き続き,さらに30分間加熱又は強熱し,デシケータ中で放冷したときの前後の質量差が,化学はかりを用い,原則として1.0mg以下となった場合をいう。
 “乾燥する”とは,特に規定のない場合は,試験温度±2℃の温度を保持できる電気恒温器で規定時間乾燥する。
 “粉砕”とは,試料又は試薬をすりつぶして均一にすることで,特に規定のない場合はめのう製乳鉢を用いて行う。
 “放冷”とは,特に規定のない場合は,自然に放置して室温まで温度を下げることをいう。
 “冷却”とは,特に規定のない場合は,冷水などを用いて室温まで温度を下げることをいう。
 “水浴上加熱”とは,特に規定のない場合は,沸騰している水浴上で加熱することをいう。
 “水浴中加熱”とは,特に規定のない場合は,沸騰している水浴中で加熱することをいう。
 “温水”とは,温度が 40~60℃の水をいう。
 “熱水”とは,温度が 60℃以上の水をいう。
 “室温”とは,試験室の雰囲気の温度をいい,5~35℃とする。
 
 数値の丸め方
 測定結果の数値は,有効数字の次のけたまで求めて,JIS Z 8401「数値の丸め方」によって丸める。

  

 【安全に関する注意事項】

 a) 有害又は刺激性ガスの発生がある場合は,排気装置のある場所又はドラフト内で操作する。
 b) 試験に用いた後の廃棄物などの取扱いは,関係法令・規則などに従って十分に注意する。

 ページのトップ