鉄道橋の維持管理

 技術用語関連のページ探しは
  “キーワード索引”

  “ホーム:お役立ち情報”では,
 “社会資本,鋼橋”関連書籍
 “関連機関とのリンク”を紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “社会資本とは“ ⇒

 【維持管理の流れ】

 維持管理の基本的な流れは,まず,構造物の変状などの不具合抽出を目的に,目視を基本とした調査を行う。
 次に,抽出された変状のうち,構造物の健全性に影響する変状に対し,詳細な調査を行い,変状原因の推定や変状伸展の予測,性能項目の照査を行う。
 それらの結果を用いて,構造物の健全度を判定し,構造物が要求性能を満足しているかを確認することになる。
 要求性能が満足されていない,又は満足されなくなる恐れがある場合等には適切な措置を選択・計画し,実施する。実施された措置が適切でったことを確認(調査)する。これらが維持管理の基本的な一連の流れになる。
 「維持管理標準」における鋼橋の標準的な維持管理手順を下図に示す。鋼橋は架設後に架設時の足場を用いて初回検査を行う。その後,定期的に,不定期(地震,台風等災害時などの異常時)に調査を行う。
 次いで,調査結果に基づき健全度(詳細については後述)を判定する。その結果,健全度が B,C,S と判定された場合には,検査結果及び判定結果を記録保管する。
 健全度 A と判定された場合には,さらに詳細な調査を行う(個別検査という)。個別検査では,図に示すように,詳細な調査,性能項目の照査を行い,健全度を再度判定する。
 健全度Aをさらに 3 段階( AA,A1 及び A2 )で評価し,その結果に基づく適切な措置(監視,補修・補強,使用制限,改築・取替)を決定し記録する。

構造物の標準的な維持管理の手順

構造物の標準的な維持管理の手順

   ページのトップ