水道・電力

 技術用語関連のページ探しは
  “キーワード索引”

  “ホーム:お役立ち情報”では,
 “社会資本,鋼橋”関連書籍
 “関連機関とのリンク”を紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “社会資本とは“ ⇒

 【電気事業とは】

 電気事業法(昭和39年7月11日法律第170号)に規定する電気事業者は,一般電気事業者,卸電気事業者,特定電気事業者及び特定規模電気事業者に分類される。各事業者は,法で次のように定義される。

  • 一般電気事業者
     一般の需要に応じ電気を供給する事業の許可を受けた事業者をいう。
  • 卸電気事業者
     一般電気事業者にその一般電気事業の用に供するための電気を供給する事業の許可を受けた事業者であって,その事業の用に供する電気工作物が経済産業省令で定める要件に該当するものでなければならない。
  • 特定電気事業者
     特定の供給地点における需要に応じ電気を供給する事業の許可を受けた事業者をいう。
  • 特定規模電気事業者
     電気の使用者の一定規模の需要であって経済産業省令で定める要件に該当するもの(以下「特定規模需要」という。)に応ずる電気の供給(第十七条第一項第一号に規定する供給に該当するもの及び同項の許可を受けて行うものを除く。)を行う事業の許可を受けた事業者であって,一般電気事業者がその供給区域以外の地域における特定規模需要に応じ他の一般電気事業者が維持し,及び運用する電線路を介して行うもの並びに一般電気事業者以外の者が行うものをいう。

 日本の電気事業は,1995年(平成7年)の電気事業法改正,及びその後の2回の改正で,発電部門の自由化,小売部門の部分自由化が導入され,下図のような体制に変化した。
 ここで,卸供給事業者とは,一般電気事業者に電気を供給する卸電気事業者以外の者で,一般電気事業者と10年以上にわたり1,000kW超の供給契約,又は5年以上にわたり10万kW超の供給契約を交わしている者(独立系発電事業者等)をいう。

電気事業の現状

平成24年現在の電気事業の現状
出典:東京電力HP

 平成24年現在の日本の主な電気事業者は下表資料3) のとおりである。


日本の電気事業者一覧表
出典:参考資料3)
  種別  電気事業者
  一般電気事業者
(10社)
  北海道電力,東北電力,東京電力,北陸電力,中部電力,関西電力,中国電力,四国電力,九州電力,沖縄電力
  卸電気事業者
(2社)
  電源開発 (J-POWER),日本原子力発電
(合計200万kW超の発電設備を有する事業者)
  特定電気事業者
(5社)
  諏訪エネルギーサービス,東日本旅客鉄道,六本木エネルギーサービス,住友共同電力,JFEスチール
  特定規模電気
事業者(35社)
  ダイヤモンドパワー,丸紅,イーレックス,新日鉄エンジニアリング,エネット,サミットエナジー,大王製紙,サニックス,JX日鉱日石エネルギー,エネサーブ,F-Power,太陽光発電設備,光発電・グリーン電力販売機構,スペクトルパワーデザイン,パナソニック,王子製紙,極東エレテック,ダイトーシステムインターナショナル,日本テクノ,昭和シェル石油,JENホールディングス,日本風力開発,オリックス,泉北天然ガス発電,やまがたグリーンパワー,グリーンESCO,荏原環境プラント,関東ロジテック協同組合,出光グリーンパワー,東京エコサービス,G-Power,プレミアムグリーンパワー,テス・エンジニアリング,エムアンドディーグリーンエネルギー,武蔵野ホールディングス,日本セレモニー,伊藤忠エネクス,島忠,二又風力開発,日産自動車,慧通信技術工業,遠隔検針協会,馬車道,Mr.Max(ミスターマックス),コスモ石油,サン・レイン・ジャパン

   ページのトップ