鋼橋の構造

 技術用語関連のページ探しは
  “キーワード索引”

  “ホーム:お役立ち情報”では,
 “社会資本,鋼橋”関連書籍
 “関連機関とのリンク”を紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “社会資本とは“ ⇒ “鋼橋の製作と構造“ ⇒

   【合成桁】

 鋼桁とコンクリート床版が一体化した合成桁に関する基礎情報を紹介する。

  • 合成桁(composite girder)
     鉄筋コンクリート床版と鋼桁が一体となって働くように,両者を適切なずれ止め(スタッドやジベルなど)により合成した構造を有する桁をいう。
     外力に対して,鋼桁と床版とが協力して抵抗するようにした橋で,施工法から,活荷重合成桁橋死荷重合成桁橋に分けられる。
  • ずれ止め(shear connector, dowel)
     合成桁の鉄筋コンクリート床版と鋼桁との相互のずれを止め,合成するように鋼桁に取り付けたもの。
  • 馬蹄形ジベル
     ずれ止めの一種で,鋼板を馬蹄形に折り曲げたずれ止め,これに斜め又は垂直に輪形筋を取り付たずれ止めもある。
  • 輪形筋
     馬蹄形ジベルに取り付けた輪形の丸鋼を輪形筋という。
  • 孔あき鋼板ジベル(perforated steel dowel)
     ずれ止めの一種で,等間隔に丸孔のあいた鋼板を,ずれに抵抗する方向に平行に配置したずれ止めである。
  • スタッドジベル(stud dowel, stud shear connector)
     ずれ止めの一種で,頭付きスタッドを用いたずれ止め(下図参照)

合成桁の構造例

合成桁の構造例

   ページのトップ