鋼橋の構造

 技術用語関連のページ探しは
  “キーワード索引”

  “ホーム:お役立ち情報”では,
 “社会資本,鋼橋”関連書籍
 “関連機関とのリンク”を紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “社会資本とは“ ⇒ “鋼橋の製作と構造“ ⇒

   【アーチ橋】

  • アーチ橋(arch bridge)
     アーチを主桁とした橋梁をいう。アーチ橋には,路面,軌道面の位置で上路形,中路形がある。また,充腹の桁になっている場合をソリッドリブアーチといい,トラスから構成されるものをブレーストアーチという。
     
  • 固定アーチ橋(fixed arch bridge)
     アーチの途中にヒンジ(部材と部材の継ぎ目,回転できる支点,蝶番)がなく,両支点が完全に固定されたアーチ橋をいう。一般にはコンクリートアーチに用いることが多い。
     
  • ローゼ橋(Lohse bridge)
     アーチリブにも桁にも曲げモーメントとせん断力が作用する構造の橋梁をいう。
     
  • ランガー橋(Langer bridge)
     アーチリブに軸方向圧縮力だけを受け持たせ,補剛桁または補剛トラスで曲げモーメント,せん断力を受け持たせる構造の橋梁をいう。
     
  • ブレーストアーチ橋(braced arch bridge)
     アーチ部をトラスで構成した橋梁をいう。自重が小さいので,大きい支間に用いられる。

アーチ橋の構造例

アーチ橋の構造例

   ページのトップ