道路輸送の変遷と現状

 技術用語関連のページ探しは
  “キーワード索引”

  “ホーム:お役立ち情報”では,
 “社会資本,鋼橋”関連書籍
 “関連機関とのリンク”を紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “社会資本とは“ ⇒

 【近代化前の道路】

日本初の鉄桁「くろがね橋」

日本初の鉄桁「くろがね橋」
出典:(社)日本鉄鋼連盟 “鋼橋と鋼材のあゆみ”

 日本初の鉄製道路桁
 江戸末期から明治初期にかけて,西洋技術の積極的な導入の機運が高まり,1868年(慶応4年,明治元年)に長崎の中島川に,日本初の鉄橋が作られました。この鉄橋は,オランダ人技師ホーゲルの設計で,幕府海軍の長崎製鉄所(後の三菱重工業長崎造船所)で製作されたもので“くろがね橋”と言われている。
 その後,1869年(明治2年)には,神奈川県横浜に,外国人居住区との間に関門としてイギリスから取り寄せた鉄材等を用いて“吉田橋”資料1)が架けられた。しかし,明治期の道路輸送の主体は,徒歩,荷車や馬車で,鉄道のような重量物の輸送を想定した設計は不要であった。このため,都市部以外では道路構造物の主要材料が木材,石材の時代が長く続いた。

  都市部での鉄桁拡大
 都市部では,人口増加に加え,明治後期には馬車に代わる大量輸送手段として,路面電車が登場した。このため,橋梁などの道路構造物に耐荷性が求められた。路面電車は,1895年(明治28年)に初めて京都に登場してから,東京,大阪など人口密集地の大都市で次々と導入された。
 路面電車は,車体重量が10トンを超えるなど,それまでの馬車に比較し著しく荷重が増加した。1897年(明治30年)には,道路橋として初の耐荷性に優れた鋼鉄製トラス橋が登場(東京の永代橋)した。
 その後に,自動車の発達により交通体系が大きく変わることになる。これに伴い,道路施設も大幅に変化してきた。

   ページのトップ