水道・電力

 技術用語関連のページ探しは
  “キーワード索引”

  “ホーム:お役立ち情報”では,
 “社会資本,鋼橋”関連書籍
 “関連機関とのリンク”を紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “社会資本とは“ ⇒

 【電源設備】

 発電所は,電力を作るための発電装置とこれに関連する設備,電気を消費側に送出する送電設備で構成される。発電方法によって発電所の立地も様々で,水力発電,火力発電や原子力発電では,大量の水を必要とする。このため,大きな河川や海の近くに設けられる。一方で,送電効率を考慮すると,電力消費地近くの電力系統に容易に組み込めるものが求められている。
 水力発電所は,水源の近く,すなわちダムや貯水池などがある山間部に建設される。発電は,水の高低差を利用するため,水を送るための導水施設が必要になる。
 火力発電所と原子力発電所は,冷却のため多量の水を必要とするので,日本では海岸近くに建設されている例が大半である。このため,燃料や資材運搬のための港湾施設,護岸設備が必要となる。
 発電のための電源設備として,ボイラー(原子炉),排煙・排蒸気装置,タービン等の発電機,熱交換設備,変圧設備で構成される。

火力発電所の例

火力発電所の構成模式図
出典:東京電力HP

 平成21年(2009年)現在の一般電気事業者の発電電力量構成比は次のとおりである。


一般電気事業者の発電電力量構成(%)
出典:参考資料4)
会社名  水力発電   火力発電   原子力発電   地熱発電 
  北海道電力 12.0 48.0 39.6 0.4
  東北電力 10.3 60.6 27.7 1.4
  東京電力 4.0 63.6 32.1 0.0
  北陸電力 17.8 51.3 30.9
  中部電力 7.5 80.2 12.3
  関西電力 11.4 35.0 53.6
  中国電力 6.5 72.6 20.9
  四国電力 6.6 40.0 53.4
  九州電力 4.2 43.8 50.1 1.9
  沖縄電力 100

   ページのトップ