化 学 (はじめに)

  ☆ “ホーム” ⇒ “生活の中の科学“ ⇒

 【周期表】

 広く利用されている周期表は,ロシアの化学者メンデレーエフによって提唱された。メンデレーエフは,当時発見されていた 63種の元素を単体や化合物の性質で分類し,原子量順に整理することで,未発見の元素性質を予言している。

 現在使用されている周期表には,長周期型周期表と短周期型周期表の 2種類がある。長周期型は,1族~ 18族で分類するのに対し,短周期型は,1族~ 8族に分類し,各族はさらに A, Bに分けられる。また,長周期型の 8 ~10族は,短周期型では 8B族(鉄族などとも称される)にまとめられている。
 長周期型は,国際純正・応用化学連合 ( IUPAC ) が推奨する もので,現在の日本高校教育で採用している。米国では,今でも短周期型が一般的である。過去に日本高校教育で短周期型を採用していたため,日本の科学論文等では,短周期型と長周期型が混在している。
 主な元素の特徴については,無機化学の基礎で紹介する。

周期表

周期表

 【参考】
 ● メンデレーエフ(ドミトリ・イヴァーノヴィチ・メンデレーエフ)
 ロシアの化学者 ( 1834~ 1907 ),現代の周期表の提唱者,当時発見されていた 63種の元素を単体や化合物の性質で分類し,原子量順に整理することで,未発見の元素性質を予言している。
 ● 国際純正・応用化学連合 ( IUPAC:アイユーパック )
 International Union of Pure and Applied Chemistryは,1919年に設立された化学者の国際学術機関,元素名や化合物名についての国際基準( IUPAC命名法)を制定している。

  ページの先頭へ