化 学 (生化学)

  ☆ “ホーム” ⇒ “生活の中の科学“ ⇒

 【生化学とは】

 生化学( biochemistry )は,生物化学( biological chemistry )と呼ばれることもあるが,生化学の呼称が一般的である。
 生化学とは,生物体を構成する物質や生体内に生じる化学物質,すなわち生体物質の生物的機能や化学構造の研究,および生体物質の生合成,分解等の代謝機構や調整機構を化学的方法を用いて研究する学問分野である。
 なお,生体物質とは,有機化合物(アミノ酸,たんぱく質,糖質,脂質,核酸,酵素,ビタミン,ホルモンなど)と無機元素(ミネラルなど)から成る物質である。
 
 生化学は,生物学の一分科であるとともに,生命現象を説明しようとする化学の一分科としても扱われる。
 近年の生化学は,遺伝子の働きを分子レベルで説明する分子生物学との境界があいまいになり,一体化(バイオテクノロジー)しつつある。
 なお,分子生物学とは,酵素たんぱく質の構造と機能との関係をはじめ,デオキシリボ核酸(DNA),リボ核酸(RNA),たんぱく質の相互作用による遺伝情報の発現と伝達機構の解明などを対象とする分子レベルの生化学的研究である。

  

 【生化学の研究対象】

 生化学の研究対象は,きわめて広範囲であるが,基本的には生物種別の動物と対象とする動物生化学植物を対象とする植物生化学微生物を対象とする微生物生化学人体に特化した人体生化学などに大別される。
 西部種ではなく,高等動植物から微生物まで,共通する化学組成や生物体内での化学反応などを対象とする一般生化学生物相互の相違を化学的に解明する比較生化学の分類もある。
 
 多細胞生物の個体としての生化学(人体生化学など)は,生理化学ともよばれ,以前の主流であった。
 細胞レベルでの生化学とは,細胞全体,細胞器官(核,ミトコンドリア,細胞膜,小胞体など)の組成,構造(高次構造),機能,代謝の研究である。
 分子レベルでの生化学とは,天然高分子化合物であるたんぱく質,核酸,糖などの構造と機能の研究である。
 
 以上が,一般的にいわれるところの生化学である。この他に,時間・空間を広げた地球生化学,宇宙生化学,古生物化学などの分類がある。生化学の応用分野には,病理化学,栄養化学,発酵化学,食品化学などがある。
 近年に成長が目覚ましい生命科学(ライフサイエンス)とは,分子生物学,動物行動学などを中心に,生命の基本的な問題(記憶,意識,人工臓器,遺伝子操作,地球環境問題など)に多角的に対処する学問分野である。

  ページの先頭へ