JIS Z 8741

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装とは” ⇒ “塗料・塗装関連JIS一覧” ⇒

「鏡面光沢度-測定方法」
Specular glossiness−Methods of measurement

 【JIS規格の目次】(ここでは赤字の項目を説明)
 1 適用範囲,2 用語の定義,3 鏡面光沢度測定方法の種類,4 測定方法(4.1 測定装置,4.2 測定条件,4.3 計算方法,5 鏡面光沢度の基準,6 鏡面光沢度の標準面,6.1 一次標準面,6.2 実用標準面,7 測定結果の表示
 参考:アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜の45度鏡面反射率の測定方法
 
 【適用範囲】
 この規格は,鉱工業製品の巨視的にみて平滑な表面の鏡面光沢度を測定する方法について規定する。

 

 【用語の定義】

 この規格に用いる用語の定義は,JIS Z 8105「色に関する用語」及びJIS Z 8120「光学用語」によるほか,次による。
 鏡面反射:鏡の面での反射のように反射の法則に従う光の反射。
 拡散反射:鏡面反射を除いた拡散的な光の反射。
 鏡面反射率:鏡面反射において反射放射束(又は,反射光束)の,入射放射束(又は,入射光束)に対する比。
 鏡面光沢:主として鏡面反射光の強さによって定められる視知覚の属性。
 鏡面光沢度:鏡面光沢の度合を測定して,数値で表したもの。
 受光角:受光系の光軸と試料面の法線とがなす角。

 

 【鏡面光沢度測定方法の種類】

 鏡面光沢度測定方法の種類は,表1による。


表1 鏡面光沢度測定方法の種類
  測定方法の種類   方法 1   方法 2   方法 3   方法 4   方法 5
  名称   85 度鏡面光沢   75 度鏡面光沢   60 度鏡面光沢   45 度鏡面光沢   20 度鏡面光沢
  記号   GS ( 85°)   GS ( 75°)   GS ( 60°)   GS ( 45°)   GS ( 20°)
  適用例   塗膜,アルミニウムの陽極酸化皮膜,その他   紙,その他   プラスチック,塗膜,ほうろう,アルミニウムの陽極酸化皮膜,その他
  適用範囲   方法 3 による光沢度が 10 以下の表面   ―   ―   ―   方法 3 による光沢度が 70 を超える表面

 

 【測定方法】

 測定装置
 鏡面光沢度は,図1(ここでは省略する)に概念を示す装置によって,試料面に規定された入射角で規定の開き角の光束を入射し,鏡面反射方向に反射する規定の開き角の光束を受光器で測る。
 光源の開口S1はレンズL2の焦点位置にあるものとし,試料Tの位置に鏡面を置いたとき,S1の像が受光器の開口S2の中央に鮮明な像をつくるものとする。入射角θは,開口S1の中心とレンズL2の中心(レンズの主点)とを結ぶ線と,試料Tの法線とがなす角とする。
 開き角α1,α2は,開口S1,S2をレンズL2,L3の位置で張る角,開き角α1'は開口S1の像S1'がレンズL3の位置で張る角とする。入射側及び受光側の光軸は,試料面で交わるものとする。ただし,開口S1は,その位置における光源フィラメントで代用してもよい。

 ページのトップ