JIS R 6253

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装とは” ⇒ “塗料・塗装関連JIS一覧” ⇒

「耐水研磨紙」
Waterproof abrasive papers

 【JIS規格の目次】(ここでは赤字の項目を説明)
 序文,1 適用範囲,2 引用規格,3 種類,4 品質(4.1 外観,4.2 特性),5 寸法及び寸法許容差(5.1 寸法,5.2 寸法許容差),6 材料(6.1 基材,6.2 研磨材,6.3 接着剤),7 試験方法(7.1 引張強さ,7.2 耐水性,7.3 柔軟性),8 検査,9 表示(9.1 製品,9.2 包装)
 
 【序文】
 この規格は,1999年に第2版として発行されたISO 3366,Coated abrasives−Abrasive rolls及び2001年に初版として発行されたISO 21948,Coated abrasives−Plain sheetsを翻訳し,原国際規格の適用範囲である研磨布紙のうち耐水研磨紙だけを対象とし,かつ,対応する部分(種類,寸法及び許容差,並びに表示)については技術的内容を変更して作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目(品質,材料,試験方法及び検査)を日本工業規格として追加している。
 
 【適用範囲】
 この規格は,塗装面などの研磨加工に使用する耐水研磨紙について規定する。

 

 【種類】

 耐水研磨紙の種類は,形状(シート,ロール),基材の坪量(Aw,Cw,Dw),研磨材の材質(アルミナ質研削材,炭化ケイ素質研削材),及び研磨材の粒度(P60~P2500)によって,表1(ここでは省略)のとおりとする。

 ページのトップ

 【品質】

 外観
 耐水研磨紙には,使用上有害なきず,しわ,破れ,穴及び研磨材の塗装むらがあってはならない。
 
 特性
 耐水研磨紙の特性は,表2(ここでは省略,項目は引張強さ,耐水性,柔軟性)による。

 

 【材料】

 基材
 耐水研磨紙に使用する基材は,クラフト紙,又はこれと同等以上の紙とし,その区分は表5(ここでは省略)による。
 
 研磨材
 耐水研磨紙に使用する研磨材の種類は,表6(ここでは省略)による。
 アルミナ質研削材,及び炭化けい素質研削材の品質は,JIS R 6111「人造研削材」に適合するもの又は同等以上のものとする。
 耐水研磨紙に使用する研磨材の粒度は,表7(ここでは省略)に,その特性は,JIS R 6010「研磨布紙用研磨材の粒度」の規定による。
 
 接着剤
 研磨材の塗装に使用する接着剤は,目的に対して良質のものでなくてはならない。

 ページのトップ

 【試験方法】

 耐水性
 耐水性は,耐水研磨紙を温度約60℃の水中に1時間浸した後,直ちに指頭で研磨材面を強く摩擦し,研磨材の離脱の状態を調べる。
 
 柔軟性
 柔軟性は,耐水研磨紙を温度20±2℃,相対湿度65±5%の空気中に1時間保持した後,長さ方向を表8(ここでは省略)に示す直径(粒度により15~60mm)の丸棒に研磨材面を外側にして,徐々に丸棒の曲面に密着させながら180度折り曲げ,研磨材面の割れ目の状態を調べる。

 

 【表示】

 製品
 耐水研磨紙には,1製品ごとに,a) 基材の坪量による種類,b) 研磨材の材質による種類(記号),c) 研磨材の粒度による種類,d) 製造業者名又はその略号
 
 包装
 耐水研磨紙には,1包装ごとに,a) 基材の坪量による種類,b) 研磨材の材質による種類(記号),c) 研磨材の粒度による種類,d) 寸法(幅×長さ),e) 製造業者名又はその略号

 ページのトップ