JIS R 3202

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装とは” ⇒ “塗料・塗装関連JIS一覧” ⇒

「フロート板ガラス及び磨き板ガラス」
Float glass and polished plate glass

 【JIS規格の目次】(ここでは赤字の項目を説明)
 序文,1 適用範囲,2 引用規格,3用語及び定義,4 種類,5品質,6形状及び寸法,6.1フロート板ガラス及び磨き板ガラスの場合,6.2すり板ガラスの場合,7試験方法,7.1フロート板ガラス及び磨き板ガラスの場合,7.2すり板ガラスの場合,8検査,9包装,10表示
 附属書 A(規定)すり板ガラス
 
 【序文】
 この規格は,1953年に制定され,その後6回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は1996年に行われたが,その後の厚さ2.5ミリ,6.5ミリ,22ミリ,及び25ミリの追加に対応するために今回改正(2011年)した。
 なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。
 
 【適用範囲】
 この規格は,建築用,その他各種の用途に使用するフロート板ガラス及び磨き板ガラス,並びにすり板ガラス(以下,板ガラスという。)について規定する。
 
 【用語及び定義】
 フロート板ガラス:フロート方式によって製造した透明な板ガラス。
 磨き板ガラス:磨き方式によって製造した透明な板ガラス。
 すり板ガラス:フロート板ガラス又は磨き板ガラスの表面を砂ずり,砂吹き,腐食などによってつや消し処理した板ガラス。
 :ガスを内包する欠点。
 異物:泡以外の点状欠点。
 点状欠点:泡及び異物。
 線状・帯状欠点:筋,きじむら,きずなど,ガラスの内部又は面上に存在する線状又は帯状の欠点。
 :明確な境界をもつ泡本体及び異物本体。
 すり不足:つや消し処理されていない,又はつや消し処理が十分に施されていないために,透視対象物の輪郭がはっきり見える状態。

 

 【サンプリング】

 種類は,板ガラスの品種及び厚さによって,表1のとおり区分する。
 


表 1−種類
  項目注(1)   厚さの呼び
  フロート板ガラス及び磨き板ガラス   2ミリ,2.5ミリ,3ミリ,4ミリ,5ミリ,6ミリ,6.5ミリ,8ミリ,10ミリ,12ミリ,15ミリ,19ミリ,22ミリ,25ミリ
  すり板ガラス(附属書A参照)   2ミリ,3ミリ,5ミリ

 ページのトップ