JIS Z 1522

 技術用語関連のページ探しは
    “キーワード索引”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

  ☆ “ホーム” ⇒ “腐食・防食とは” ⇒ “塗料・塗装とは” ⇒ “塗料・塗装関連JIS一覧” ⇒

「セロハン粘着テープ」
Pressure sensitive adhesive cellophane tapes

 【JIS規格の目次】(ここでは赤字の項目を説明)
 序文,1 適用範囲,2 引用規格,3 用語及び定義,4 品質(4.1 性能,4.2 寸法,4.3 外観),5 試験方法(5.1 試験の一般条件,5.2 粘着力,5.3 引張り強さ及び伸び,5.4 寸法,5.5 外観),6 製品の呼び方,7 表示及び包装(7.1 表示,7.2 包装),8 保存及び取扱い上の注意事項
 
 【序文】
 この規格は,1964年に制定され,その後6回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は2004年に行われたが,その後の引用規格であるJIS Z 0237「粘着テープ・粘着シート試験方法」の改正に対応するために改正した。

 

 【品質】

 性能
 表1の規定に適合しなければならない。


表1−性能
  試験項目   性能
  粘着力 N/10mm
 常態及び促進保存性処理後
  1.80以上
  引張強さ N/10mm   25.0以上
  伸び %   13以上
 寸法
 テープの寸法及びその許容差は,表2(ここでは,厚さと幅の規定値を紹介し,許容差や巻芯及び長さの規定は省略する)による。
 テープの幅は,9mm,12mm,15mm,18mm及び24mmが規定され,厚さは,いづれも0.06mm以下と規定されている。
 
 外観
 テープの外観は,テープが巻心に均一に巻かれていて,著しい変形及び巻き巣がなく,両側面が平らで,のりはがれ,折れ目,きず,色むらなどの使用上支障のある欠点があってはならない。
 なお,テープには,着色及び印刷してもよい。

 ページのトップ

 【製品の呼び方】

 製品の呼び方は,規格名称,幅及び長さによる。
 :セロハン粘着テープ 12mm×15m

 

 【保存及び取扱い上の注意事項】

 テープは,温度,湿度,圧力などによって,その品質に影響を受けやすいので,保存及び取扱いについては,次の事項を守ることが望ましい。
 a) 直射日光を避け,夏は涼しい所で,冬はあまり寒くない所に乾燥しないように保存する。
 b) 変形防止のため,横積みは避ける。
 c) 温度10℃以下では使用時に緩やかに巻き戻す。

 ページのトップ