化 学 (生化学)

  ☆ “ホーム” ⇒ “生活の中の科学“ ⇒
 
 ここでは,核酸の構成成分として知られるヌクレオチドについて, 【ヌクレオチドとは】【ヌクレオシドの名称と略称】【ヌクレオチドの名称と略称】【デオキシヌクレオチドの名称と略称】に項目を分けて紹介する。

 【ヌクレオチドとは】

 【核酸とは】で紹介したように,核酸は,核酸塩基五炭糖リン酸で構成されるヌクレオチド( nucleotide )ホスホジエステル結合( phosphodiester bond )で枝分かれなしに連続した高分子化合物ポリヌクレオチドである。
 
 ホスホジエステル結合とは,炭素原子の間がリン酸を介した 2 つエステル結合によって共有結合することをいう。
 
 リボ核酸( ribonucleic acid :RNA )とデオキシリボ核酸( deoxyribonucleic acid :DNA との違いは,分子中の五炭糖がリボースか 2-デオキシリボースかの違いである。
 
 ヌクレオチドとは,五炭糖(リボース又はデオキシリボース)の 1’位の炭素に,核酸塩基グリコシド結合(糖分子と他の有機化合物との脱水縮合による結合)したヌクレオシド( nucleoside )の 3’位の炭素にリン酸基が結合した化合物である。

 

 【ヌクレオシドの名称と略称】

 五炭糖として,リボースが結合したものをリボヌクレオシド,デオキシリボースの結合したものをデオキシリボヌクレオシドと呼ぶ。
 ヌクレオシドの名称と記号は,結合する核酸塩基で決まる。次には,核酸塩基に対応する名称と記号を次の順で紹介する。
 
 核酸塩基(記号)-リボヌクレオシド(記号)-デオキシリボヌクレオシド(記号)
 アデニン( A )  -アデノシン( A )    -デオキシアデノシン( dA )
 グアニン( G )  -グアノシン( G )    -デオキシグアノシン( dG )
 シトシン( C )  -シチジン( C )     -デオキシシチジン( dC )
 チミン( T )   - 5-メチルウリジン( T )-チミジン( dT )
 ウラシル( U )  -ウリシン( U )     -デオキシウリジン( dU )

  ページの先頭へ

 【ヌクレオチドの名称と略称】

 ヌクレオシドの 3’位の炭素にリン酸基が結合した化合物がヌクレオチドである。ヌクレオチドの名称は,4 文字の略号で表される。
 
 1 文字目 :糖の種類,リボヌクレオチドを r (省略可),デオキシリボヌクレオチドを d
 2 文字目 :塩基の種類,アデニン(A),グアニン(G),シトシン(C),チミン(T),ウラシル(U
 3 文字目 :結合するリン酸基の数,1つ(M),2 つ(D),3 つ(T
 4 文字目 :リン酸塩であることを示す P
 
 次には,核酸塩基に対応するヌクレオチドの名称と記号を紹介する。
 核酸塩基(記号)-リボヌクレオチド(記号
 アデニン( A )-アデノシン一リン酸( AMP ),アデノシン二リン酸( ADP ),アデノシン三リン酸( ATP
 グアニン( G )-グアノシン一リン酸( GMP ),グアノシン二リン酸( GDP ),グアノシン三リン酸( GTP
 シトシン( C )-シチジン一リン酸( CMP ),シチジン二リン酸( CDP ),シチジン三リン酸( CTP
 チミン( T ) -通常 RNA には表れない。
 ウラシル( U )-ウリシン一リン酸( UMP ),ウリシン二リン酸( UDP ),ウリシン三リン酸( UTP

 
 ATP などのヌクレオチドは核酸を構成する成分の他に,アミノ酸代謝糖の代謝クエン酸回路などの代謝で補酵素として重要役割を演じている。

ADP,ATP

  ページの先頭へ

 【デオキシヌクレオチドの名称と略称】

 次には,核酸塩基に対応するデオキシヌクレオチドの名称と記号を紹介する。
 核酸塩基(記号)-デオキシリボヌクレオチド(記号
 アデニン( A )-デオキアデノシン一リン酸( dAMP ),デオキアデノシン二リン酸( dADP ),デオキアデノシン三リン酸( dATP
 グアニン( G )-デオキグアノシン一リン酸( dGMP ),デオキグアノシン二リン酸( dGDP ),デオキグアノシン三リン酸( dGTP
 シトシン( C )-デオキシチジン一リン酸( dCMP ),デオキシチジン二リン酸( dCDP ),デオキシチジン三リン酸( dCTP
 チミン( T ) -チミジン一リン酸( dTMP ),チミジン二リン酸( dTDP ),チミジン三リン酸( dTTP
 ウラシル( U )-通常 DNA には表れない。

  ページの先頭へ