素地調整(切削・研磨)

 戻る:“腐食・防食JIS用語一覧”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

 JIS Z 0103「防せい防食用語」,JIS H 0201「アルミニウム表面処理用語」,JIS H 0400「電気めっき及び関連処理用語」,JIS H 8200「溶射用語」,JIS K 5500「塗料用語」の用語定義の中から,金属の素地調整技術の一つである切削・研磨に関する技術用語を抜粋しました。
用語 対応英訳 定義・解説 出典
粗面処理 surface roughening 溶射被膜の密着性を向上させるために,基材に不規則な凹凸を付ける前処理。
ねじ切り法,溝切り法,ローレット法,スロット法,ブラスト法などがある(JIS Z 0313参照)
H8200
ねじ切り法 threading method 基材に機械的に粗ねじを切り,表面積を増大するとともに皮膜の収縮応力を局部的に分断させ,投錨効果を増大させる方法。皮膜の密着性を高める目的で行う粗面処理法。 H8200
溝切り法 grooving method 基材に機械的に溝を切り,表面積を拡大するとともに皮膜の収縮応力を局部的に分断させ,投錨効果を増大させる方法。溶射被膜の密着性を高める目的で行う粗面処理法。 H8200
ローレット法 knurling method 基材に格子状のぎざぎざの凹凸を入れる加工を施して表面積を拡大し,投錨効果を増大させる方法。ねじ切り,溝切り加工を併用する場合もある。溶射被膜のみったyく性を高める目的で行う粗面処理法。 H8200
スロット法 slotting method 軸類の端部に軸に対し平衡にあり溝加工を施し,投錨効果を増大させる方法。溶射被膜の密着性を高める目的で行う粗面処理法。 H8200
反復移行アーク・表面清浄化処理 cleaning by transferred arc アーク(+)(-)の極性を反復交換させることを材料表面に加えることによって溶射被膜の密着性を高めるための処理。 H8200
液体ホーニング liquid honing, wet blasting 粒状又は粉状の研磨材を含む液を品物に噴射して行う研磨方法。 H0201
研磨 sanding, grinding, polishing 研削及び磨きの総称。 H0201
研磨 polishing a)金属表面を滑らかにする処理。参考:欧州大陸で使用される用語。
b)研磨剤で金属表面を平滑にする初期の段階。参考:米国で使用される用語。
H0400
機械研磨法 mechanical polishing 金属表面を微細なと粒研磨材によって削り取り,平滑に所定の寸法に近い面とする方法。 H0400
研磨,サンディング sanding, rubbing 素地をならすために用いられる研削方法。また,次の塗料を塗る前に,塗面を平らにならすために用いる研削方法。 K5500
電解研磨 electrolytic polishing, electropolishing, electrobrightening 主として酸溶液中で電気化学的に表面を研磨する方法。 H0201
電解研磨法 electropolishing 金属表面を特定溶液中で陽極溶解し,平滑な光沢面とする方法。 H0400
化学研磨 chemical polishing, chemical brightening 主として酸溶液中で化学的に表面を研磨する方法。 H0201
化学研磨法 chemical polishing 金属表面の平滑さを改善するため,種々の組成の溶液中に浸漬し,平滑な光沢面とする方法。 H0400
油性研磨剤 buffing compound, grease base buffing bar 研磨剤を主成分とし,これに脂肪酸,鉱油,金属石けんなどを混合した研磨剤。
参考:棒状と液状のものとがある。
H0400
筆電解研磨 brush electrolytic polishing 筆,スポンジなどにめっき液を吸収させて陰極とし,電解研磨する方法。 H0400
トリポリ tripoli 研磨に用いる,もろく,極微細なけい酸。
参考:トリポライトに類似した研磨粒と油脂で作られた棒状研磨剤。
H0400
エメリーバフ emery polishing wheel, emery wheel, polishing wheel, set-up wheel バフにエメリー,溶融アルミナなどの研磨剤を接着したもの。 H0400
バフ buff 布製又はその他の材料で作られた研磨輪。 H0400
バフ研磨 buffing 布製又は適切な物質の研磨輪を用い,その表面にバフ研磨剤を付けて行う研磨方法。研磨の程度によって下地磨き,仕上げ磨き,つや目磨きに分けられる。 H0201
バフ研磨法 mopping, buffing, (USA, polishing) バフの周囲又は表面に種々の研磨剤などを付けて研磨する方法。
参考:研磨の程度や工程によって,素地研磨,仕上げ研磨などに分けられる。
H0400
バレル研磨 barrel polishing 鋳造品,鍛造品又は打抜品などの小形の製品や半製品を,研磨助剤やけい砂などの研磨材と一緒に容器に満たして回転又は振動し,プレスや鋳造のばり,鍛造のスケールなどを除去して清浄にすること。回転研磨又はタンブリングともいう。 Z0103
バレル研磨 barrel polishing, barreling, tumbling 品物を研磨材とともに回転又は振動容器中に入れて研磨する方法で,乾式と湿式とがある。 H0201
バレル研磨法 barreling, barrel polishing 被研磨物を研磨剤などとともに回転又は振動容器中に入れて研磨する方法。 H0400
がら研磨 tumbling 被研磨物を回転容器中で研磨する方法。 H0400
ベルト研磨 belt sanding, belt grinding, belt polishing 研磨材(剤)の付着したベルトを使用する研磨方法。そのまま用いる乾式と,水又は油を用いる湿式がある。 H0201
ベルト研磨法 belt sanding, belt polishing 研磨剤の付着したベルトを使用して研磨する方法。 H0400
グレイニング linishing, (USA, graining) 回転ベルトに研磨剤を付着させて,平面を一方向に研磨する操作。 H0400
ブラシ研磨 brushing ピアノ線,ステンレス鋼線,黄銅線などを植えたブラシ又は研磨輪を使用して行う研磨方法。 H0201
スチールウール研磨 steel-wool finishing スチールウールを使用して機械又は手作業によって研磨する方法。 H0201
グラインダバフ研磨 grinding, grinder-buffing 粗粒の研磨材を表面に保持した研磨輪を使用して行う研磨方法。 H0201
ろくろ研磨 spin finishing 旋盤で品物を回転させながら研磨布などで行う研磨方法。しん出し研磨(芯出し研磨)ともいう。 H0201
ラッピング lapping 寸法誤差の調整又は表面仕上げの改善のために行う研磨。 H0201
ラッピング lapping 寸法誤差の調整又は表面仕上げの改善のために行う研磨。 H0400
炭とぎ polishing with charcoal block, charcoal finishing ほお炭(ほおの木から作ったすみ)などに水を付けながら手磨きし,細かいきずや研磨目を除き,平滑にする研磨方法。 H0201
エンボス加工 embossing 表面に機械的方法によって凹凸模様を付ける加工。 H0201
研削 grinding 粗粒の研磨剤を含むか,又は付着させた研磨剤によって材料の表面を除去する方法。 H0400
ボビング bobbing, (USA, polishing) 研磨剤で金属表面を平滑にする初期の段階。 H0400
   ページのトップ