ステンレス鋼及びその他鋼材

 戻る:“腐食・防食JIS用語一覧”

 “お役立ち情報”では,“金属・腐食・防食業界”へのリンク,“腐食・”及び “防食”に関連する書籍,その他の書籍や用品情報をまとめて紹介

 JIS G 0203「鉄鋼用語(製品及び品質)」及びJIS G 0204「鉄鋼用語(鋼製品の分類及び定義)」の中から構造物での使用例の多い炭素鋼材以外の鋼材に関わる用語を抜粋しています。
用語 対応英訳 定義・解説 出典
ステンレス鋼 stainless steels 耐食性を向上させる目的で,クロム又はクロムとニッケルを含有させた合金鋼。一般にはクロム含有量が約10.5%以上の鋼をステンレス鋼といい,主としてその組織によって,マルテンサイト系,フェライト系,オーステナイト系,オーステナイト・フェライト系及び析出硬化系の五つに分類される。 G0203
マルテンサイト系ステンレス鋼 marutensitic stainless steels フェライト系ステンレス鋼の炭素含有量を高め,熱処理によってマルテンサイト組織とすることによって,硬化させることのできるステンレス鋼,SUS410がその代表的なもの。 G0203
フェライト系ステンレス鋼 ferritic stailess steels クロムを10.5%以上含有し,常温でフェライト組織を示すステンレス鋼。SUS430がその代表的なものである。 G0203
オーステナイト系ステンレス鋼 austenitic stainless steels 常温に置いてもオーステナイト組織を示すステンレス鋼。SUS304がその代表的なものである。 G0203
オーステナイト・フェライト系ステンレス鋼 austenitic-ferritic stainless steels 常温でオーステナイト組織とフェライト組織とが混在するステンレス鋼。二相ステンレス鋼(Duplex stainless steel)ともいう。 G0203
析出硬化系ステンレス鋼 precipitation hardening stainless steels アルミニウム,銅などの元素を少量添加し,熱処理によってこれらの元素の化合物などを析出させて硬化する性質を持たせたステンレス鋼。 G0203
低炭素ステンレス鋼 low carbon stainless steels 炭素含有率を0.03%以下とし,クロム炭化物の粒界への析出を抑え,粒界腐食性を改善したステンレス鋼。 G0203
安定化ステンレス鋼 stabilized stainless steels チタン,ニオブ,ジルコニウム,又はそれらの組合せを少量添加し,あらかじめ鋼中の炭素と結合させ,クロム炭化物の析出による耐食性の劣化を抑制したステンレス鋼。 G0203
快削ステンレス鋼 free-cutting stainless steels 硫黄,セレン,リンなどの元素を少量添加して被削性を改善したステンレス鋼。 G0203
塗装ステンレス鋼板 precoated stainless steels 冷間圧延ステンレス鋼板又は鋼帯に有機塗料を焼きつけて仕上げた鋼板又は鋼帯。主として建築物の屋根,外装,内装などに用いる。 G0203
熱間圧延高張力鋼板 hot rolled high tensile strength steel sheets 比較的良好な加工性を維持しつつ,引張強さを高めた熱間圧延鋼板。通常,引張強さ490N/mm2以上のものをいう。 G0203
冷間圧延高張力鋼板 cold rolled high tensile strength steel sheets 比較的良好な加工性を維持しつつ,引張強さを高めた冷間圧延鋼板。通常,引張強さ340N/mm2以上のものをいう。なお,降伏点を低くしたもの,塗装焼付温度で硬化するものもある。 G0203
機械構造用炭素鋼鋼材 carbon steels for machine structural use 通常,使用に際し,鍛造,切削,引抜きなどの加工と熱処理を行って所期の性質を得て,機械部品に仕上げられる炭素鋼鋼材。 G0203
機械構造用合金鋼鋼材 alloy steels for machine structural use 通常,使用に際し,鍛造,切削,引抜きなどの加工と熱処理を行って所期の性質を得て,機械部品に仕上げられる合金鋼鋼材。 G0203
炭素工具鋼 carbon tool steels 0.6~1.5%の炭素を含有し,特別に合金元素を添加しない工具鋼。 G0203
合金工具鋼 alloy tool steels 炭素鋼にマンガン,ニッケル,クロム,モリブデン,タングステン,バナジウムなどの合金元素を1種以上添加した工具鋼。炭素工具鋼に対して焼入性,切削性能,耐衝撃性,耐磨耗性,不変形性,耐熱性などを必要に応じて改善した鋼である。 G0203
高速度工具鋼 high speed tool steels 高炭素鋼にクロム,モリブデン,タングステン,バナジウム,コバルトなどの合金元素を比較的多量に添加し,切削工具及び金型などに用いられる工具鋼。特に高速切削に適し,摩擦熱による高温によく耐える。一般に含有成分によって,タングステン系とモリブデン系とに分けられる。 G0203
絞り用鋼板 steel sheets for drawing 自動車用部品,電気機械部品,車両,建築部材その他,冷間成形性を重視して製造された薄鋼板。 G0203
深絞り用鋼板 steel sheets for deep drawing 自動車,電気機械部品その他,冷間での良好な深絞り加工性及び絞り加工後の表面の肌荒れ防止を重視して製造された薄鋼板。 G0203
圧力容器用鋼材 steels for pressure vessels 圧力容器及び高圧設備用として,強度,溶接性及び主として常温でのじん性(靭性)を重視して製造された鋼材。通常,圧力容器の主要部分に使用される。 G0203
電磁鋼板 magnetic steel sheet 鉄損率,磁束密度,透磁率などの磁気特性の優れたケイ素鋼板,低炭素鋼板及び純鉄の鋼板の総称。 G0204
鉄道軌道材料 railway track material 鉄道軌道の建設に用いられる熱間圧延製品で,例えば,レール,まくらぎ,継目板,床敷板,タイプレート,床板。レールには,形状用途により,普通レール,クレーン用レール,導電用レール,溝付きレール,分岐/クロッシング用レール,特殊レール,案内レール,ブレーキレールがある。 G0204
圧延車輪 wrought steel wheels 鍛造と圧延によって製造される鉄道車両用の輪心とタイヤを一体にした形の車輪。一体圧延車輪ともいう。 G0203
鋼製電線管 rigid steel conduits 電気配線において,電線を保護するために用いられる鋼管。 G0203
軟鋼線材 low carbon steel wire rods 炭素含有量0.25%以下の炭素鋼線材。鉄線(普通鉄線・なまし鉄線・亜鉛めっき鉄線・くぎ用鉄線),亜鉛めっき鉄より線などの製造に用いられる。 G0203
ぶりき鋼板 tinplate 溶融すず浴への浸漬又は電解のいずれかの方法ですずめっきした厚さ0.60mm未満の低炭素鋼の冷間圧延鋼板。 G0204
ぶりき black plates 冷間圧延によって製造したぶりき原板に,食缶用,飲料缶用などの耐食性を高めるため,すずめっきを行った鋼板又は鋼帯。めっき方法によって電気めっきぶりきと熱せきぶりきとがある。電気めっきブリキには一回圧延製品と二回圧延製品がある。 G0203
表面処理板製品 flat products with surface treatment ほぼ長方形断面で,幅が厚さに比べて著しく大きい仕上げ圧延機の製品である板材(仕上板材)に永久皮膜を持っているもの。皮膜の種類及び表面処理の種類により,次のように分類される。ぶりき鋼板,クロム/酸化クロムめっき鋼板,ターン鋼板,亜鉛めっき鋼板,アルミニウム/アルミニウム-シリコン合金めっき鋼板,有機被覆鋼板,無機被覆鋼板(クロメート処理鋼板,リン酸処理鋼板など) G0204
クロム/酸化クロムめっき鋼板 chromium/chromium oxide-coated steel クロム又は酸化クロム若しくは両者を電解で被覆し,その全厚さが0.05μm以下で,厚さ0.60mm未満(ISOでは0.50mm未満)の鋼板。 G0204
ターン鋼板 terne-coated sheets 溶融合金浴に浸漬するか又は電解で鉛-スズ合金をめっきした鋼板。合金の質量は,両面合せて60~130g/m2の間で使用される。 G0204
有機被覆鋼板 sheets with organic coatings 裸又は金属メッキした地の表面をもった鋼板に,続いて有機材料又は金属粉末及び有機材料の混合物をいくつかの連続プロセスによって被覆したもの。 G0204
   ページのトップ